五旬祭後 第2主日

誦読箇所:マトフェイ4:18~23

父と子と聖神の名によりて

ガリラヤ湖の岸辺で四人の漁師が仕事をしていると、通りかかったイイススに「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう」と呼びかけられました。そして四人のうちペトルとアンドレイの兄弟は、網をその場に置いて主イイススに従いました。

現代に生きる私たちは、このような出来事に戸惑いを覚えます。仕事や道具や家を残して、また、培った人脈を置いて、すぐに従うなどということが出来るでしょうか。ましてや、私たちは幼い頃から「知らない人についていってはいけません」と言われて育っています。この兄弟は何のためらいもなく素直に網を置いてイイススの呼びかけに応じました。

私たちも彼らと同じように主に呼ばれているのですが、王様の婚宴(マトフェイ22:1~)に呼ばれた人々のように「若いから」「忙しいから」「年を取っているから」「そんな立派な人間ではないので」と理由をつけて、なかなか招きに応じようとはしません。しかし、主は単に「私について来なさい」とおっしゃったのであって「~でなければ」という条件をつけてはいません。

旧約聖書創世記十二章には、アブラハムが突然主から呼ばれる場面があります。

主は彼に「あなたは生まれ故郷、父の家を離れて、わたしが示す地に行きなさい。わたしはあなたを大いなる国民にし、あなたを祝福し、あなたの名を高める」(創世記12:1~2)と告げ、アブラハムはその言葉に従ってハランの地を出発しました。そして約束の地、カナンを目指したのです。それはただ神様がそうおっしゃったというだけで、目に見える保証も手当ても何もありません。それでもなお、彼は神を信じて呼びかけに応じ行動した。それが、アブラハムが「信仰の父」と呼ばれる所以です。

ハリストスは「わたしについてきたい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい」(マトフェイ10:38)ともおっしゃっています。主に従おうと思いながらも自分を捨てきれない私たちは、心の中に葛藤を生じますが、その葛藤を乗り越えて主に従う、あるいは従おうとする、その歩みが私たちにとっての「網を置いていく」行為だと言えます。

問答者聖グリゴリイは次のように語っています。

1「あなたがたは、この世のものを一切捨てることは出来ないにしても、この世のものを所有するに際して、せめて、そのものによってこの世に縛り付けられないようにしなさい。地上の物を所有する際、そのものがあなたがたを所有することのないようにしなさい。あなた方の所有しているものを、自分の心で支配するようにしなさい」

私たちは日曜日ごとに聖体礼儀に参祷して、主の御身体である御聖体に与ります。そのために朝食を抜き、神の御前で痛悔をして、心と体の準備をします。自分のしたいこと、自分の都合を、この時は置いてきているわけです。御聖体の前に進み出る私たちの姿は、網を置いて従った弟子たちの姿と重なります。その繰り返しの中に、私たちは祝福の道を歩んでいるのです。

2020年6月21日(日)

東京復活大聖堂教会 主任司祭

司祭ミハイル対中秀行