税吏の謙り(ファリセイの高ぶり)

光栄は父と子と聖神のものなり、生命を賜う主や、我に痛悔の門を啓けよ、蓋吾が霊全く汚れし体の堂に籠める者、爾の聖堂に向かって、朝の祈祷を奉る、願わくは爾仁慈なるに因りて、爾の恩寵にて我を潔め給え、今も何時も世々に、アミン、神の母や、我を救いの道に導けよ、蓋我恥ずべき罪を以て吾が霊を汚し、怠りて声明を費やせり、願わくは爾の祈祷を以て、我を凡その汚れより救い給え、神よ、爾の大いなる憐みに因って我を憐れみ、爾が恵みの多きに因って我の不法を抹し給え、我不当の者、多くの犯せし罪を思い、畏るべき審判の日に慄く、惟爾の深き仁慈を頼み、ダヴィドの如く爾に呼ぶ、神や爾の大いなる憐れみに因って我を憐れみ給え。